いつの間にか利用限度額が減額されるかも

いつのまにか利用限度額が減額?キャッシングの注意点

キャッシングは収入や家族構成、職業等によってあらかじめ借り入れできる額が決まっています。この借入限度額は皆さんが自由に決めることはできず、特に限度額のアップはキャッシング会社の許可がないとできません。キャッシング会社も商売ですから、返済してくれる見込みのある人でないと大金を融資することはできないということです。

また、法律で総量規制というものも定められています。これは年収の3分の1までしか借入ができない、という規制です。この規制はキャッシング会社ごとに3分の1だけ借りられるのではなく、すべてのキャッシングを合わせて3分の1です。

なぜこのような規制があるのかというと、あまりにも自分の返済能力からかけ離れた借り入れをしてしまうと返済が困難だからです。借り入れをすれば当然、その額に利子を上乗せして返済しなくてはなりません。

しかし大金を借入していると、その利子の返済だけで手一杯になってしまい、いつまでたっても返済残高が減らないのです。

こうした借入限度額に対する制限の他に、カードを発行したあとでもキャッシング会社によって利用限度額が減額されてしまうケースがあります。これはどのような場合なのか、説明したいと思います。

といっても、考えられるケースはほぼ1つと言っても良いでしょう。それはズバリ、返済の遅延を繰り返すことです。1回程度の遅延ならまだしも、それが2回3回と続いてしまうと、貸す側としても融資をためらわざるを得ません。

利用限度額といのは言ってみればキャッシグ会社のみなさんに対する信用度のようなものです。ですから、遅延を繰り返して信用が低下してしまえば、利用限度額も必然的に減額されてしまいます。

最悪の場合、カードの更新が破棄され、もうこれ以上は融資を受けられなくなる場合もあります。

そうならないためにも、キャッシングの利用は計画的に行い、返済期日はきちんと守るようにしましょう。