キャッシング限度額を定める総量規制とは

キャッシング限度額は年収で決まる?その基準となる総量規制とは?

キャッシングを利用しようと考えている方が気になるのは、年収がどれくらい影響するのか、ということだと思います。もちろん年収が高ければ高いほど審査に通りやすくなることは事実です。

しかし、実際にご自身が審査に通るのかどうか、というのは年収だけでなく、職業や家族構成、他社への借り入れがあるかどうか、等々を総合的に考慮しなければわかりません。また、審査基準もキャッシング会社によってまちまちです。ですから年収を基準にして一概に審査に通るかどうかというのは判断できません。

しかし、この年収によって、キャッシングにおいて大きく制限されてしまうものが一つあります。それは利用限度額です。

実はキャッシングでは自分の年収の3分の1までしか借入ができません。これを総量規制と言ったりします。これは各キャッシング会社間で共通の規制です。つまり、ひとつのキャッシング会社毎に年収の3分の1まで借りられるのではなく、すべての融資先を合計した時の借入金額が3分の1までに制限されているのです。

なぜこのような制限があるのかというと、それは利用者の返済能力を超えた借り入れが行われないようにするためです。一時期にあまりにも多くの融資を受けてしまうと、その利息だけでかなり大きな額になります。そうなると月々の利息の支払いだけで手一杯になり、いつまでたっても返済が終わらない、という事態になりかねません。

最悪の場合は増え続ける利息も返済できず、借金がどんどん膨らむこともありえます。それを防ぐために総量規制があるのです。

以上のように、年収だけでキャッシングの審査が通るかどうかは判断できませんが、少なくとも年収が利用限度額に大きく影響しているということは覚えておくべきでしょう。