まとめローンのメリットデメリット

話題の返済方法「まとめローン」、そのメリットとデメリットとは?

金融会社によってキャッシングのサービスは様々で、返済期間が長いところや、金利が低いところ、サポートが充実しているところなど、どこも異なった特徴を持っています。各会社のいいところをうまく活用しようとすると、複数のカードを持ち、用途に合わせて使い分けることになると思います。

しかし複数の会社でカードを作って融資を受けていると、どのカードでいくら借りているのか、どのカードの返済期間がいつなのか、というのがわかりにくくなってしまいます。

よくある例が、あるカードと別のカードの返済期限を間違えていて、本人にはちゃんと返済するつもりがあったのにうっかり期限を過ぎてしまう、というものです。

また、いくつかの消費者金融を併用していると、それぞれの支払い方法が一括だったり、分割だったり、リボ払いだったり、といった形で異なる場合も有り、月々の支払額が安定しません。その結果毎月の収支の目安が付けにくく、返済がうまくいかないという例もあります。

そんな時に便利なのが、まとめローンというものです。これはいろいろな金融会社や銀行から融資を受けている多重債務者向けのローンです。どういったローンかというと、銀行がそれらの債務を一括返済できる額を融資してくれ、債務者はその銀行に長期的に返済をしていく、というものです。

このまとめローンを使えば、返済先がその銀行1つに絞られるため月々の返済額が一定になりますし、トータルの返済額も減る可能性があります。また、支払い日が一定になりますから、収支の管理もしやすくなります。

もし複数の金融会社で融資を受けていて、管理が大変だと思っている方は、まとめローンの活用を検討してみてはいかがでしょうか?