キャッシングとカードローンどちらが得か

キャッシングとカードローン、結局どちらがお得なの?

お金を借りる方法として、よく聞くのがカードローンとか、キャッシングという言葉です。では、どちらを利用するのがお得なのでしょうか?そもそも、この2つの違いはなんなのでしょうか?そのあたりを解説していきたいと思います。

まずカードローンですが、これはあらかじめ銀行口座を指定しておき、その口座内の資金を返済に回すという方法で融資を受けるものです。口座内の資金額や年収等によって融資を受けられる金額が変わります。また、支払は月末にその月の使用料金を一括で払う場合や、数ヶ月に分けて支払う分割払い、毎月一定額を支払っていくリボ払いなど、さまざまな方法があります。

一方キャッシングとは、広い意味では融資を受けること全般を指しますが、一般的にはカードのキャッシング機能という機能を使って融資を受けることをいいます。こちらもカードローンと同様、融資を受けるには審査をパスする必要があります。しかし、キャッシングの場合は銀行口座を必ずしも指定する必要がありません。また、こちらも返済方法には一括払いや分割払い、リボ払いなど、さまざまな方法が用意されています。

以上がそれぞれの大まかな説明なのですが、この説明だけを聞くと、両者の違いは返済用の銀行口座を指定するか否か、ということだと思われる方が多いでしょう。

しかし、じつはキャッシングの場合でも、銀行口座を指定することができてしまいます。キャッシングを利用する際、一般には返済用の口座を指定する必要はなく、借りた額とその金利だけを銀行なりATMなりで返済すればよいです。

でも借りた度にいちいち出向いて返済するのは面倒ですよね。そういった不都合を解消するために、キャッシングでは月末に借りた分だけ銀行口座から引き落とす、という方法があるのです。

ですから、現在カードローンとキャッシングとの境目はなくなってきていると言えます。私たちが一般に利用する場合、その区別をしておく必要性は無いといってもよいでしょう。

最初にどちらがお得なのか?と言いましたが、それを考える際、カードローンであるか、キャッシングであるか、という視点はあまり意味がありません。どの会社の金利が安いのか、借り入れや返済の方法に多様性があるか、サポートは万全か、などのサービス面で純粋に比較すればよいでしょう。