インターネットからのモビットの利用

申込・借入・返済まで可能!インターネットからのモビットの利用

世の中インターネットの発達で、もう何をやるにもインターネットがなければできないような時代になってきました。こんなに便利なインターネットですから、当然金融機関もインターネットに対応せざるを得なくなり、最近ではキャッシングローンの申込すらインターネット上からできるようになってしまいました。またインターネットに繋がるデバイスもパソコンから始まり携帯電話、スマホと増えるにつれそれぞれへの対応も行われるようになりました。

モビットのインターネット対応

モビットは金融機関には珍しく店舗を持っていませんから、インターネットバンクと同じようにインターネット向きの事業形態とも言えます。モビットも申込、借入、返済をインターネット上から行うことができます。インターネット対応は銀行よりも消費者金融のほうが一歩進んだ面が有りますが、モビットは銀行系ということで、インターネット対応には不満な点も残っています。今後のサービス向上に期待したいところです。

インターネット上からのモビットの申し込み

モビットの申し込み方法はカードが必要か否かで違ってきます。カードが必要な場合にはホームページにアクセスして必要情報を入力し、申し込みを行うことができます。そのあとメールで審査結果を確認するまでは良いのですが、最後の入会申し込みは郵送する必要が有ります。カードが必要ない場合には入会申込書の送付もインターネット上から行えますがこの方法の利用は三菱東京UFJ銀行に普通預金口座を持っていて、パソコンからの申し込みに限られます。使い勝手悪いですよね。
(⇒モビットの申し込み

インターネット上からの借入

借入はホームページ上から申し込みができます。24時間受け付けてくれて平日9:00から14:50までは最短3分で指定口座に振り込んでもらうことができます。ただしこの時間を外してしまうと、振込みは翌営業日まで待つことになってしまい、待てないときはカードを使って近くのATMを利用するしか方法がありません。これについてはどこも似たり寄ったりなので、仕方がないといえますが、そこに風穴をあけるくらい頑張って欲しいものです。
(⇒モビットのキャッシング

インターネット上からの返済

返済はインターネット利用というよりも自動引き落としのほうが便利といえますが、インターネットを利用する場合には返済日までにモビットの銀行口座にインターネットバンキングを利用して振り込むことになります。要するにATMをインターネットバンクにしただけです。この場合も銀行の営業時間外になると翌営業日になってしまうため、返済日に振り込んでも遅延になってしまうことも有ります。もう少しインターネットを駆使して使いやすくして欲しいものです。
(⇒モビットの返済

問題点は利用方法でカバー

モビットは審査や使い勝手について概ね良い評価を受けていますが、インターネットの利用に当たっては前記のように使い勝手の悪い部分も見受けられます。利用にあたっては直ぐには改善されないでしょうから、これらの問題点を意識して、たとえば返済が間に合わないというようなことがないように利用方法のほうでカバーしてください。今後カードローン事業が三井住友ファイナンシャルグループに移りますが、そのときはシステムの見直しも行って欲しいものです。